【2023.2.28WEB開催】魚類・両生類の動物実験および動物実験代替法の活用

とっとりバイオフロンティアWEBセミナーのご案内

日時:令和5年2月28日(火)
   13:30~16:00 WEB開催(Zoom)

講師: 小島 肇 (国立医薬品食品衛生研究所 食品添加物部 特別研究員)
   市瀬 広武(琉球大学 医学部附属動物実験施設 准教授)
   林 利憲 (広島大学 両生類研究センター 教授)

詳細ポスターはこちら


実験動物を用いた手法は、生物・医学研究、さまざま種類の化学物質や製品の安全性および有効性評価に大きな貢献をしてました。これまで実験動物には主として哺乳類を用いていましたが、最近ではゼブラフィッシュなどの魚類、カエルやイモリといった両生類を用いた動物実験計画が増えてきています。魚類や両生類は、動物愛護法で定めた実験動物の定義から外れていることから、動物実験委員会や動物実験施設でこれらをどのように扱っていくか課題も多く、また、動物愛護法改定の動きもあることから、今後は動物実験代替法の活用をより積極的に取り入れる必要があります。

今回のセミナーでは、動物実験の適切な施行の国際原則である3Rs(Reduction(動物数の削減)、Refinement(動物に対する苦痛軽減)、Replacement(動物を用いない代替法への置換))の観点から、動物実験代替法の現状ならびに魚類や両生類を用いた動物実験について紹介します。動物実験代替法の必要性が高まる今、哺乳類動物を扱う動物実験実施者にも知っていてほしい内容となっていますので、ご多用とは存じますが、ぜひご覧ください。



本セミナーはWEB開催(Zoom)で事前申込制となっています。
参加ご希望の方は開催前日の正午までにこちらの参加フォームよりお申し込みください。

連絡先:バイオフロンティア推進室(担当: 森山)

【開催終了】Mass photometry法分子量分布測定装置 Refeynシリーズのご紹介

とっとりバイオフロンティアWEBセミナーのご案内

日時:令和5年1月11日(水)
   13:30~15:00 WEB開催(Microsoft Teams)

講師:志波 公平 氏
   レフェイン・ジャパン株式会社 代表取締役

久しぶりに機器セミナーを開催します!奮ってご参加ください!!

詳細ポスターはこちら


バイオ医薬品の発展に伴って、バイオ医薬品のもつ立体構造や修飾後解析、タンパク質の凝集体解析などさまざまな解析技術が開発されてきました。中でもMass photometry法は1分子観察をベースとした新しい分子量分布の測定技術で、ごく微量の液体試料から高感度で解析できることが特徴です。

今回はこの新しい測定技術を使った「Refeyn(レフェイン)」シリーズについてメーカー担当者によるWebセミナーを開催します!装置概要とともに、最新の測定データを交え、その活用方法について紹介いただきます。
新たな技術及び機器について学んでいただき、ご自身や各企業での研究に役立てて頂いただければ幸いです。

ご多用とは存じますが、ぜひご覧ください。


本セミナーはWEB開催(Microsoft Teams)で事前申込制となっています。
参加ご希望の方は開催前日の正午までにこちらの参加フォームよりお申し込みください。

連絡先:バイオフロンティア推進室(担当: 森山)

【開催終了】アカデミアからの再生医療等製品の開発~研究室からベンチャー創業まで~

とっとりバイオフロンティアWEBセミナーのご案内

日時:令和5年1月18日(水)
   15:00~16:30 WEB開催(Zoom)

講師:山原 研一 氏
   兵庫医科大学 先端医学研究所 分子細胞治療部門 部門長・教授
   株式会社シーテックス 代表取締役

アーカイブ視聴もできます(セミナー終了後、約2週間視聴可能)
当日この時間帯は見れない・・・という方も、お申込みお待ちしております!

詳細ポスターはこちら


再生医療とは失った組織や臓器をつくりだしたり、機能低下した組織や臓器を回復させたりする医療を指します。様々な再生医療の手段として、中でも間葉系幹細胞(MSC)に注目が集まっています。その理由として、MSCは骨髄や皮下脂肪から採取できること、安全面・倫理面の問題が少ないことが挙げられ、ES細胞やiPS細胞よりも臨床応用がしやすい幹細胞として、再生医療における利用が増加しています。

有用なシーズだとしても製品化するにあたって、PoC/GMP製造※の基準を見越した試薬での実験系の確立が必要です。ここが医薬品・再生医療関連の多くのアカデミアの壁となっているのが現状です。今回は講師の羊膜由来MSCを使った再生医療等製品に向けた開発の経緯から、アカデミアからベンチャー創業、製品化に向けたプロセスなどで注意すべきポイントをお話いただきます。

ご多用とは存じますが、ぜひご覧ください。



本セミナーはWEB開催(Zoom)で事前申込制となっています。
参加ご希望の方は開催前日の正午までにこちらの参加フォームよりお申し込みください。

連絡先:バイオフロンティア推進室(担当: 森山)

※PoC…proof of conceptの略。開発中の薬物の有効性を実証する試験のこと。
 GMP…Good Manufacturing Practiceの略。製造所における製造管理、品質管理の基準のこと。原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められている。

体験学習を実施しました

令和4年12月14日(水)に鳥取東高校の1年生の6名がバイオフロンティアを来訪し、コメのDNA解析で品種判別に挑戦しました。

今回は一連の実験から電気泳動のみ実施しました。実験に入る前にマイクロピペットの練習を行い、微量の液体をアガロースゲルに注入していきます。繊細な作業のため、みなさん真剣そのものでした。限られた時間枠でしたが、実際に手を動かしての操作はとても良い経験になったようです。


【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鳥取県産業振興機構
 バイオフロンティア推進室 担当:濱口
 TEL: 0859-37-5131
 FAX: 0859-37-5132
E-mail: tbf@toriton.or.jp

体験学習を実施しました

令和4年12月7日(水)に湯梨浜学園高校の2年生の16名がバイオフロンティアを来訪し、コメのDNA解析で品種判別に挑戦しました。

実験に入る前にDNAやPCR・電気泳動に関する講義を実施し、理解を深めた後にマイクロピペットの練習を行いました。本番の実験では学校では触ることのない機器や実験器具を使い、操作に苦戦しましたが、とても良い経験になったようです。

実習の様子は湯梨浜学園高校のHPにも紹介されています。

https://www.yurihamagakuen.ac.jp/news/4662/


【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鳥取県産業振興機構
 バイオフロンティア推進室 担当:濱口
 TEL: 0859-37-5131
 FAX: 0859-37-5132
E-mail: tbf@toriton.or.jp

体験学習を実施しました

令和4年11月3日(木・祝)に米子東高校の1年生~3年生の6名がバイオフロンティアを来訪し、SSH土曜活用事業「米川の生物を探る~環境DNA実習~」を実施しました。

高校の近くを流れる米川から事前にサンプルを採取、米川の本流である日野川のサンプル2地点とともにDNA抽出・リアルタイムPCR実験を行いました。得られた結果をもとに地点を推測し、どんな生き物が米川にいるかをディスカッションしました。

実習の様子は米子東高校のHPにも紹介されています。
https://www.torikyo.ed.jp/yonagoe-h/SSH

 

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鳥取県産業振興機構
 バイオフロンティア推進室 担当:濱口
 TEL: 0859-37-5131
 FAX: 0859-37-5132
E-mail: tbf@toriton.or.jp

【開催終了】生物工学講座

とっとりバイオフロンティアWEBセミナーのご案内

日程
1日目:令和4年9月18日(日)9:10~16:20
2日目:令和4年9月19日(月・祝)9:10~16:20
 いずれもWEB開催(Zoom)

講師:神田 彰久 氏 (技術士、株式会社カネカ)

詳細ポスターはこちら

とっとりバイオフロンティアでは、今年も国家資格である技術士第一次試験の対策講座を開催いたします。受験希望の方、来年受けてみようと考えている方、是非ご参加ください。
就職活動、公務員試験、バイオ技術の習得にも役立つ内容です。技術士受験を予定していない方のご参加も、歓迎いたします!


「技術士」は、国によって科学技術に関する高度な知識と応用能力が認められた技術者で、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある国家資格です。
とっとりバイオフロンティアでは2014年から神田先生を講師にお招きし、技術士(専門科目:生物工学部門)の講座を開催してきました。

実務に根ざした講義から学ぶところが多く、受講者には大変好評です!時間割などの詳細は、上記ポスターをご確認ください。

たくさんのご応募お待ちしております!


本セミナーはWEB開催(Zoom)で事前申込制となっています。
参加ご希望の方は2022年9月14日(水)の正午までにこちらの参加フォームよりお申し込みください。

※事前準備の都合上、申込締め切り厳守でお願いいたします。
※本講座はバイオフロンティア側で録画し、参加申込者にアーカイブとして試験日(11/27)まで限定配信いたします。お申込みいただければ、当日参加できない方も視聴が可能です。


連絡先:バイオフロンティア推進室(担当: 森山)

【開催終了】医療や科学をいかにわかりやすく、間違いなく伝えるか~広報誌「カニジル」の作り方に学ぶ~

とっとりバイオフロンティアWEBセミナーのご案内

日時:令和4年9月8日(木)15:00~16:30 WEB開催(Zoom)
講師:田崎 健太 氏 (株式会社カニジル 代表取締役社長)

アーカイブ視聴もできます(セミナー終了後、約2週間視聴可能)
当日この時間帯は見れない・・・という方も、お申込みお待ちしております!申込フォームよりお申込みください!

詳細ポスターはこちら


科学的事実が社会にきちんと理解されるにはどうしたらよいか —— 。
いつの時代もこの命題に科学者は頭を悩ませてきました。それは現代でも変わりません。近代の科学発展がもたらす素晴らしい成果は、確実に私たちの生活に反映されています。しかしその成果はより複雑になり、他分野の研究者・行政関係者、さらには一般市民がその原理や本質を理解するのは非常に難しいのが現状です。

これらを伝えるメディアはどうでしょうか。

総合週刊誌をはじめとした情報誌は、成果をかいつまんでセンセーショナルな記事を特集しがちです。全て間違いとはいえないものの、タイトルなど真実に即していないものが目につくのは皆さんも覚えがあるはず。そしてそれを信じる一般市民たちには不利益(不安)が生じてしまうのです。
果たして、この流れは変えることができるのでしょうか。

読んでもらいたい。同時に、正しく理解してほしい。この難題にチャレンジするのがとりだい病院広報誌「カニジル」です。本来カニジルのような広報誌やオウンドメディアは、発行元に都合のいい内容になりがちです。でも、発行元にきちんとした責任意識=社会的共通資本という意識があれば、広報誌でも質の高いジャーナリズムを担保することができるはず…それがカニジルの出発点だったと、今回の講師である田崎さんは語ります。

2019年より鳥取大学医学部附属病院広報誌「カニジル」編集長を務め、BSS山陰放送では「カニジルラジオ」のメインパーソナリティーも務める講師。ゲストに鳥大医療者・研究者を招き、わかりやすく医療や人・世の中の出来事を伝える取組を精力的におこなっています。
多くの医療者・研究者と接した中で田崎さんが感じたのは、良心的な医療者ほど「言い切らない」ということでした。それが時に分かりにくさにつながり、患者からは不信感を抱かれ、そこにつけ込む悪質な人が現れる…このスパイラルを断つには、既存メディアに任せるのではなく医療者・科学者側からの良心的な発信が必要と言います。

良心的な発信とは何か?本セミナーではすべての医療者・科学者に向けた「情報発信の在り方」について言及します。

ご多用とは存じますが、ぜひご覧ください。




本セミナーはWEB開催(Zoom)で事前申込制となっています。
参加ご希望の方は開催前日の正午までにこちらの参加フォームよりお申し込みください。

連絡先:バイオフロンティア推進室(担当: 森山)

【開催終了】生命科学系研究者のためのわかりやすい生物統計(全4回)

とっとりバイオフロンティアWEBセミナーのご案内

日時:
 第1回 令和4年9月7日(水)
 第2回 令和4年9月14日(水)
 第3回 令和4年9月21日(水)
 第4回 令和4年9月28日(水)
 各回15:00~16:30 WEB開催(Zoom)

講師:池田 郁男 氏
東北大学大学院農学研究科 農芸化学専攻食品天然物化学講座 特任教授

8/24追記:受講者多数のため、リアルタイム視聴は受付を終了しましたが、アーカイブ視聴は引き続き受付中!申込フォームよりお申込みください!

詳細ポスターはこちら


統計検定、みなさん正しく使えていますか?

生物統計とは、医療・医学、公衆衛生等に関わる研究課題に対して、どのような研究計画の下にデータを収集したらよいか(研究デザイン)、またそのデータをどのように解析したらよいか(統計解析方法)、どのように解釈できるかを研究する統計学の一分野です。
ほとんど全ての実験研究者が統計学の基礎を大学等で学習するのですが、実際に使用する場面になると不適切な統計検定が行われることが多いのが現状です。

なぜ多くの実験科学者・学生にとって統計が難しい存在なのか?

講師の池田先生は「標準偏差SDと標準誤差SEが理解できていないことが、有意差検定(特にパラメトリック検定)が理解できない根本的な原因ではないか」と推察しています。
学術論文や研究発表では図表データにSDが用いられたり、またはSEが用いられたりと、研究者によってまちまちです。中にはSDとSEを理解して使い分けているとは思えない発表も。

今回のセミナーでは、生命科学系の研究者が行う統計検定に絞って基礎から応用までを網羅するセミナーを全4回にわたって開講します!ご自身や企業での研究計画・実施・解析・報告等のあらゆる場面にて役立てて頂いただければ幸いです。

こんな人におすすめ
・統計検定を勉強したが、実はあんまり理解せずに使っている
・標準偏差SDや標準誤差SEが何を表すのかよくわかっていない
そんな学生・研究者・教員・企業の研究者の方、大歓迎です!



ご多用とは存じますが、ぜひご覧ください。

※本セミナーは日本農芸化学会が発行する「化学と生物」誌に投稿した「改訂補強版:統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ~Ⅲ」をもとにしておこないます。
※セミナーで取り上げる主な内容は以下の通りです。
記述統計と推測統計、母集団と標本の違い、パラメトリック検定とノンパラメトリック検定の違い、標準偏差(SD)、標準誤差(SE)とは?、統計検定の原理(有意差とは?)、Z検定、2群のパラメトリック検定(Student t test、Welch test、Paired t test)、等分散性の検定、2群のノンパラメトリック検定(ウイルコクソン順位和検定、ウイルコクソン符号付順位検定)、3群以上のパラメトリック検定(一元配置分散分析、多重比較、多重性の問題、二元配置分散分析)

本セミナーはWEB開催(Zoom)で事前申込制となっています。
参加ご希望の方は開催前日の正午までにこちらの参加フォームよりお申し込みください。


連絡先:バイオフロンティア推進室(担当: 森山)

【中止】令和4年度 科学ワークショップ開催のご案内

この度のワークショップは、新型コロナウイルスの影響に伴う皆さまの安全面を考慮し、中止を決定いたしました。
お申込の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますこと、また、直前のご案内となりましたことを深くお詫び申し上げます。


鳥取県のバイオ人材育成事業の一環として、県内高校生に向けた体験型ワークショップを行います。ぜひ参加をご検討ください。

とっとりバイオフロンティア 科学ワークショップ2022
「DNAで川の生き物を探ろう」「卵アレルギーの原因物質を見つけよう」

【開催日】
「DNAで川の生き物を探ろう」
8月9日(火)、8月17日(水) 9時30分~16時10分 ※各回は同じ内容を実施する
「卵アレルギーの原因物質を見つけよう」
 8月19日(金) 9時30分~16時10分

【ところ】とっとりバイオフロンティア(鳥取県米子市西町86)

【参加費】無料

【対象者】県内高校生

【定員】各回4名

【受付期間】7月26日(火)まで

【申し込み方法】
申込は終了しました

【添付資料】チラシ(PDF)

【お問い合わせ先】
公益財団法人鳥取県産業振興機構  バイオフロンティア推進室 担当:中西
  TEL: 0859-37-5131
  FAX: 0859-37-5132
  E-mail: tbf@toriton.or.jp